声優

ラブライブオーディションの倍率は?条件や内容はどうなの?

「みんなで叶える物語」をテーマにテレビ、ライブなどオールメディア展開を行っているラブライブ!シリーズ。

そのシリーズ第4作、「ラブライブ!スーパースター!!」の一般公募オーディションに注目が集まっています。

毎回Twitterなどでも話題になるこの一般公募オーディション、

「倍率ってどれくらいなんだろう?」

「応募するための条件とかあるのかな?」

「オーディションってどんなことするんだろう?」

気になりますよね。

ここでは、ラブライブオーディションの

・倍率

・条件

・内容

について説明していきます。

 

過去のラブライブオーディションについて

「ラブライブ!スーパースター!!」の今までに行われたオーディションを見てみましょう。

2020年3月~5月 1期生メインキャスト1名を決めるシリーズ初の一般公募オーディション開催
2020年12月 1期生5名が発表される
2022年4月 2期生キャスト4名が発表される

一般公募オーディションは開催されていない

2022年11月~ 3期生メインキャスト1名を決める一般公募オーディション開催

実は初の一般公募オーディションからキャストになった人が3名います。

詳しく見ていきましょう。

1期生

2020年1月に始まった「ラブライブ!スーパースター!!」でこのシリーズ初の一般公募オーディションが行われました。

「Liella!」の1期生5名のうち、

・伊達 さゆりさん(澁谷かのん役)

・青山なぎささん(葉月恋役)

2名が選ばれています。

当初は1名の予定だったようです。

3期生の一般公募オーディションは1名募集ですが、適任の人がいればそれ以上の合格もあるかもしれないですね。

1期生のオーディション合格者、伊達さおりさんのラブライブ!の出会いからオーディション合格までをまとめた動画があったので紹介します。

2期生

2022年4月に「Liella!」の2期生4名が加わり9名体制となりますが、この時一般公募オーディションは行われませんでした。

しかし、

・鈴原希実さん(桜小路きな子役)

は実は1期生の時に行われた一般公募オーディションの「3人目の合格者」と言われています。ただ、どういった経緯で合格し、2期生のメンバーになったかは明らかになっていません。

1期生の一般公募オーディションでは予定より多い3名の合格者が出ています。3期生のオーディションでも2名以上の合格者が出ることを期待したいですね。

引用:ラブライブ!スーパースター!!公式サイト

 

ラブライブオーディションの倍率

「ラブライブ!スーパースター!!」の一般公募オーディションの倍率ですが、数千倍以上と予想されます。

悩んでいる人
そんなに高い倍率なんですね!

1期生のオーディションの時の応募数や倍率は発表されていません。ですが、応募者みんなで1名の枠を競い合うので倍率はかなり高くなるでしょう。

全国の声優志望の女性にプラスして、ラブライブファンの女性が応募することを考えると、1万人程度だと思います。

引用:Yahoo!知恵袋

Twitterでもこのような口コミを見つけました。

3期生の一般公募オーディションも超高倍率になることは間違いなさそうですね。

 

ラブライブオーディションの条件

では、ラブライブオーディションのエントリー条件を見ていきましょう。

・日本国内在住

15歳~22歳の女性

 (※中学生以下は不可)

 (※未成年の場合は保護者の同意が必要)

・特定のレコード会社、芸能事務所などと所属契約していない

・遠方に住んでいる場合、合格後は上京、在住が可能な人

・審査過程での映像などの収録に協力できる人

未婚であること

・合格者は本プロジェクト指定の事務所に所属できる人

応募するにはまずエントリー条件をクリアする必要があります。

1期生のオーディションでは条件の中の「未婚」であることがかなり話題になったようです。

家庭との両立は精神的にも肉体的にもハードだということでしょう。
業界の人

また、年齢や未婚の部分はスクールアイドルというイメージも含めた条件なのかもしれませんね。

 

ラブライブオーディションの内容

エントリー条件の後に気になるのがオーディションの内容ですよね。

審査は4回行われます。

それぞれ見ていきましょう。

一次審査

・内容:WEBエントリー / 書類・自己PR・歌唱審査

まず、WEBエントリーをするにはアカウント登録が必要です。

写真は3か月以内に撮影したもので、

・バストアップ

・全身

の2種類が必要です。

動画は、

・自己PR動画(30秒以内)

・アカペラ歌唱動画(30秒以内)

※ラブライブ!シリーズの楽曲

の2種類を用意します。

写真、動画のアップロードについてはこちらで確認できます。

内容からも分かるように、エントリーの段階ですでに審査が始まっています。

写真も動画もしっかり自分をアピールできるものを用意しましょう。
業界の人

二次審査

・内容:オンライン / 面接・歌唱・演技・ダンス審査

・詳細は合格者のみに連絡あり。

二次審査から歌唱審査に加えて、演技とダンスの審査がオンラインで行われます。

対面の時とは違い、会場作りを自分で行わなければいけません。

特に気を付けたいのが、

・安定したネット回線の確保

・歌を歌える場所か

・演技、ダンスをする充分なスペースがあるか

の3点です。

オーディションの途中に回線が不安定になって焦るのは絶対に避けたいですね。また、大きな声を出せない場所、自由に動くスペースがない場所では集中してオーディションに臨めないでしょう。

オンラインオーディションでは特にオーディションを受ける場所に注意が必要です。

三次審査

・内容:対面 / 面接・歌唱・演技・ダンス審査

・場所:都内某所

・詳細は合格者のみに連絡あり。

三次審査からはじめて対面でのオーディションが行われます。

ちなみに1期生のオーディションでは2泊3日の合宿審査が行われました。

合格したらグループとして活動することが増えるので、合宿審査を通して協調性などを見られたのでしょうか。

そう考えると3期生オーディションの三次審査でも個人の歌唱力、ダンス力、演技力に加えてグループとして活動するための適正などを見られる可能性は充分に考えられます。

最終審査

・内容:対面 / 面接・歌唱・演技・ダンス審査

・場所:都内某所

最終審査合格者はLiella!新メンバーとして声優活動やライブ活動を行います。

1期生オーディションの合格者3人はみんなAppolo Bayに所属しているので3期生合格者も同じような流れになるでしょう。

ラブライブのオーディションですが、どの審査にも含まれる歌唱審査は合格への大きなカギになりそうです。

ラブライブ!シリーズにはたくさんの楽曲があります。

その中で、

・自分の好きな曲

・その曲に対する熱い想い

は大きなアピールポイントになりそうですね。

悩んでいる人
一番自分らしさを出せる曲を選ぶといいんですね!

 

まとめ

「ラブライブ!スーパースター!!」一般公募オーディションについてですが、

・オーディションでは、適任者がいれば募集人数以上の合格者が出る場合もある。

・倍率は非常に高く、数千倍以上。

・「15歳~22歳の未婚女性」「事務所に所属していないこと」「合格者は上京、在住できること」など細かいエントリー条件がある。

・審査はオンライン2回、対面2回の計4回行われる。どの審査にも歌唱審査がある。

ラブライブオーディションを受けるにあたって歌唱力・ダンス力・演技力はもちろん必要ですが、一番大事なことはあなたがどれだけ「ラブライブ!」が好きかを伝えられるかだと思います。

オーディションは毎回大激戦が予想されますが、Liella!メンバーを目指してぜひ熱い想いをぶつけてくださいね。

「ラブライブ!スーパースター!!一般公募オーディション 公式サイト」はこちらで確認できます。

 

-声優